Center for Children’s Happinessの紹介

Center for Children’s Happiness(CCH)は、ポルポト時代に家族を失った経験を持つソカ氏の孤児院設立の構想に対して、2002年に認定NPO法人JHP・学校をつくる会が施設を建設して創設に携わった団体で、日本語では「幸せの子どもの家」と呼びます。主にゴミ山で生活している孤児等を調査面接し、就学意欲のある16名の支援から開始しました。カンボジアのNGOとして正式に登録されている団体で、設立当初からソカ氏が所長を勤めます。これまでに在籍した子どもの数は215名で、2014年4月現在90名(小学生39名、中学・高校生51名)の子どもが生活しています。また、CCH内で運営されている小学校には、CCH内の子ども38名の他に外部の子ども100名を受け入れています。

jhp_3

 

現地から届いた寄贈の依頼

ポルポト時代を生き延びたCCHのソカ所長は、「教育だけが人々人生を変えることができることに気付いた」というコメントを寄せています。CCHは、私立の小学校を併設しており、入所者以外の外部の子ども100名も受け入れていますが、入所する子どもたちのPCスキルを向上させ、子どもたちの学習および職業訓練を目指しており、そのためにパソコンが必要でした。JHPプノンペンオフィスについては、日本人、ローカルスタッフが10名前後勤務しており、カンボジアのほぼ全土にわたり学校建設や音楽、美術教育等の支援を広げており、パソコンの寄贈を受ける事によってオフィスとしての機能を高めることも可能となります。

 

日本から用意したパソコン

今回は富士ゼロックス株式会社より寄付いただいたパソコン20台を寄贈しました。
2014年10月に認定NPO法人 JHP・学校をつくる会へ発送し、そこから現地の施設に届けてもらいました。

 

現地での使用状況について

PCs are going to use for training at CCH school, located in Phnom Penh from 08:00-10:00 and 13:00-15:00 in 3 shifts which started in Mar 2015. CCH school there are 162 students (62 girls and 100 boys).

PCs will used at Andong community which will be started in May 2015. It is now under preparing for the place.This location will help for 20 students initially.

This PCs training make the disadvantage students feel very happy that they reach the dream of using computer that the project will help for internet use also. The world is now in computer ages that the young generation and all students must know and prepare themselves for the globalization policy.

  • 私たちと一緒に活動する