レスレクション小学校の紹介

レスレクション小学校は、パプアニューギニアの首都ポートモレスビーから飛行機で30分程の東部オロ州、ポポンデッタという人口約2万人の町にあります。この小学校はポポンデッタの中心部に近いアングリカン系キリスト教の学校です。学校は1年生から8年生まで約800名が在籍し、教員数は20名です。1クラスの生徒数は40名~45名です。

 

現地から届いた寄贈の依頼

パプアニューギニアでは小学校の課程でパソコンの授業は必須ではありません。上級学校であるセカンダリースクールから必修科目となります。しかし、セカンダリースクールでは限られた時間の中で実用的なパソコン習得を目指さなくてはならないため、せめて小学校の時からパソコンに「触れる」機会を与えたいと思いました。ところが、小学校にはパソコン導入のための予算がないため、Class for Everyoneの力を借りて、学校に計16台の導入を決めました。

 

日本から用意したパソコン

オージースポーツ様と個人の方より寄付いただいたパソコン16台を寄贈しました。2016年12月に日本よりパプアに送り、2017年3月に現地に届いて授業で活用されています。

 

現地での使用状況について

生徒2~3人に1台の割合ですが、初めてパソコンに触る生徒がほとんどなので、1人で黙々と画面に向かうよりは友達どうしで楽しく触れることが出来れば良いと思いました。現在は高学年(6年生~8年生)を中心に、電源の入れ方からマウスの操作方法、文字入力の方法など基本的なことを「遊び感覚」で授業外の時間を使って行っています。先生もパソコンの知識は十分ではなく、一緒に加わって覚えていきます。今後、生徒が卒業してセカンダリースクールではより高度なパソコンの利用を期待したいと思います。

  • 私たちと一緒に活動する