Philex Foundationの紹介

Philex Foundationは、フィリピンはルソン島の北部バギオ近郊にあるTubaという地域で鉱山開発を行っているPhilex Mining Corporation の財団で、地域全体で12校の小学校を運営しています。政府の管轄ではないので名目は私立学校ですが、授業料は無料で普通の公立学校と同じ形で運営されています。この団体は学校のみならず医療機関なども運営しており、鉱山地帯で働く従業員とその家族を日々守っています。

 

現地から届いた寄贈の依頼

今回は彼らが運営する12の学校にパソコン環境を整えたいという依頼がありました。この地域ではインフラ整備がまったく進んでおらず、パソコンは一部の高校にしか設置されていませんでした。しかし、先生たちは子ども達の将来を考えた場合のICT教育の必要性を認識しており、各学校の先生たちの声が集まって今回の依頼という形で私たちの元に届きました。

小学生の段階でパソコンを使える必要性がどのくらいあるのかという点については、一番言われたことが高校に進学した際に必要になるため、小学生のうちに基礎的なスキルを教えたいということでした。フィリピンの高校では、宿題作成や生徒同士のプロジェクトなど、パソコンを使って作業する時間が増えてきます。プレゼン資料はパワーポイントをばっちり使いますし、そのようなスキルがないと取り残されてしまいます。実際に、家が貧しくインターネットショップでパソコンが使えないために学校に行きづらくなってしまうこともあるらしく、スキル学習やインフラ面での環境をもっと整える必要性があると考えられます。

 

日本から用意したパソコン

2013年7月にウェブ上で個人の方からのパソコン寄付キャンペーンを行い、企業からいただきたものを含めて2013年8月に航空便でフィリピンに送り、35台を寄贈して各学校に3台ずつ設置しました。また、10月には追加で15台を寄贈して各学校に届けました。この地域の高校ではWindowsではなくLinux ubuntuというOSが使われていたこともあり、後半に送った15台はこれをインストールしました。小学校では主にパソコンの使い方を学ぶ機会を作ることもあり、ドキュメント作成やプレゼン資料作成などはLinuxのソフトで十分な効果が期待できます。

 

現地での使用状況について

放課後の学校を訪問すると、先生が子ども達相手にパソコンを教えている光景に出くわすことができました。授業外の時間を使って定期的にパソコンの使い方を教えているそうで、楽しそうにWordで文書を作ってました。

彼女の名は April 。小学校5年生の11歳で、好きな科目は算数。
パソコンを触るのは初めてではないものの、インターネットが日常的に使える環境にはないので、普段はほとんどパソコンを使わないらしい。もしインターネットが使えたら何がしたいと聞いたら、「Facebook!!」と即答。コミュニケーション大好きなフィリピン人にとって、Facebookはピッタリのサービスだと改めて感じました。

オフラインで使うときに楽しいことは何って聞いたら、まだWordしか使えないと恥ずかしそうに言っていたのが印象的でした。でも、キーボードの場所はしっかり把握しており、名前や年齢を打ち込んでみてって頼んだらスムーズに打ってくれました。
また、デコレーションに興味があるらしくWordの縁を色々なデザインに加工して自慢気に見せてくれました。

 

メディアでの紹介記事

■オルタナS 
http://alternas.jp/study/global/41093

■greenz.jp 
http://greenz.jp/2013/07/28/class_for_everyone/

■Philex Mining Corporationの紹介記事 
http://www.philexmining.com.ph/newsroom/press-release/public-schools-in-tuba-itogon-receive-free-computers-thru-philex

  • 私たちと一緒に活動する